R-1ヨーグルトとLG21プロビオ

R-1ヨーグルトとLG21プロビオを間違えないように注意!

インフルエンザ予防に効果が期待できる乳酸菌を配合したヨーグルトはR-1ヨーグルトです。
R-1ヨーグルトは明治から販売されています。

 

 

同じく明治から販売されているヨーグルトに

 

LG21プロビオヨーグルト

 

があります。
LG21プロビオヨーグルトは胃に住み着くピロリ菌に有効な乳酸菌を配合したヨーグルトです。

 

このLG21プロビオヨーグルトとR-1ヨーグルトを間違えている人が多いです。

 

 

 

さらにさらに、明治は2015年に

 

PA-3プロビオヨーグルト

 

なる機能性ヨーグルトも販売しました。

 

 

このPA-3プロビオヨーグルトはパッケージにも書かれていますが

 

プリン体に効果が期待できる乳酸菌を配合

 

したヨーグルトです。
これまたパッケージがR-1ヨーグルトとLG21プロビオヨーグルトと似ています。

 

 

明治は間違えて買うのを狙っているかのようなラインナップだよなぁ。

 

乳酸菌の名前なんて一般の人には覚えられないよ。


 

明治も似たようなパッケージにすることで、ブランド化を狙っているのかもしれません。
この容器のヨーグルトは効果が高いとイメージ付けしたいのかと思います。

 

明治のほうではこれらのヨーグルトを
「プロビオシリーズ」
「機能性ヨーグルト」
と言っています。

 

 

そしてこれらのヨーグルトは明治としては成功していると思います。
どれも1個100円以上するのに人気が高いヨーグルトです。

 

スーパーに行ったらR−1ヨーグルトを4つぐらい購入していた人がいました。
普通に売れてます。

 

ただ、容器が似ているゆえに買うヨーグルトを間違えたり、乳酸菌の効果を勘違いしている人が多いです。

 

 

ここまでをまとめると

  • R-1ヨーグルト⇒赤パッケージ
  • LG21ヨーグルト⇒青パッケージ
  • PA-3ヨーグルト⇒黄色パッケージ

こんな感じですね。

 

色の名前だけを見ると信号だなぁ。

 

 

 

 

 

LG21プロビオはインフルエンザではなくピロリ菌に有効な乳酸菌

R-1ヨーグルトとLG21プロビオヨーグルト。

 

販売しているメーカーも明治で同じです。
さらに外見も似ているので、間違えても仕方ないです。

 

ただLG21プロビオに配合されているLG21乳酸菌はインフルエンザに効果が高い乳酸菌ではなく、ピロリ菌に有効だとされている乳酸菌です。
LG21乳酸菌は胃に有効な乳酸菌だとされています。
間違えてしまうと、乳酸菌の優れた効果が変わってきます。

 

 

販売しているメーカーも明治で同じ、容器のサイズも同じ、ヨーグルトの味も似ています。
でも配合されている乳酸菌は違うんです。

 

R-1ヨーグルトの免疫力を高める効果を期待している人が、LG21プロビオヨーグルトを買ってしまっているケースが見られます。

 

 

どうも調べていると

  • R-1ヨーグルトにピロリ菌への効果を期待している人
  • LG21プロビオにインフルエンザ予防の効果を期待している人

こういう人がみられます。
これは間違い(勘違い)です。

 

正解は

  • R-1ヨーグルト⇒インフルエンザ(免疫力向上)
  • LG21プロビオヨーグルト⇒ピロリ菌(胃に有効)
  • PA-3プロビオヨーグルト⇒プリン体(痛風予防)

こうなっています。

 

ただ、これをみてもピンとこない人が多そうです。
乳酸菌名だけではなく、ピロリ菌とプリン体を勘違いする人もいそうですね…。

 

 

PA-3プロビオヨーグルトのプリン体への効果はパッケージに
「プリン体と戦う乳酸菌」
と書かれています。

 

なのでPA-3ヨーグルトは購入するときに、パッケージをよく見れば大丈夫だと思います。
プリン体対策として購入しようと思っている人は、間違えないと思います。

 

 

PA-3プロビオヨーグルトがプリン体に有効なヨーグルトだとパッケージをよく見ればわかります。

 

 

ただR-1ヨーグルトには
「強さひきだす乳酸菌」
としか書かれていません。

 

 

R-1ヨーグルトには「インフルエンザ」なんて文字はどこにも書かれていません。
これでは1073R-1乳酸菌がインフルエンザに効果があるなんてわからないです。

 

「免疫力」という言葉も書かれていないので、パッケージを見ただけでは効果まで知るのは難しいと思います。
免疫力などの言葉が書かれていないのは、おそらく薬事法の関係だと思います。

 

 

LG21プロビオヨーグルトには
「リスクと戦う乳酸菌」
と書かれています。
これもパッケージを見ただけでは、効果はよくわからないです。

 

 

「ピロリ菌」や「胃に有効」なんていう文字はどこにも書かれていません。
LG21乳酸菌がピロリ菌に有効な乳酸菌だとは容器を見ただけではわからないです。

 

 

これではなにに効果があるのかわからなくて、間違って購入してもしょうがありません。
明治としても薬事法の関係で、これ以上は明記できないのかと。

 

 

明治は今後も似たようなヨーグルトをシリーズを出すかもしれませんね。
この3種類のヨーグルト、どれも人気と注目度が高いですから。

 

赤、青、黄色ときて、次は緑かな?
青と緑って似ているからないか…。

 

信号の青も緑に見えますし、青汁もぶっちゃけ緑汁ですよね。

 

 

 

 

 

R-1ヨーグルトやLG21プロビオはヤクルト社ではないぞ!

他の間違いで多いのが、R-1ヨーグルトやLG21プロビオヨーグルトがヤクルトから販売されていると思っている人です。

 

乳酸菌といえば、ヤクルトを想像する人が多いのだと思います。
日本人にとって乳酸菌といえば飲むヤクルトをイメージする人が多いです。

 

 

でもR-1ヨーグルトもLG21プロビオもRA-3プロビオヨーグルトも販売しているのは明治です。
明治といえば、明治ブルガリアヨーグルトを販売しているメーカーですから、こちらも大手です。
間違えないように注意してください。

 

 

まぁヤクルトといえば、飲むヤクルトをまっさきにイメージすると思います。
プロ野球をイメージする人もいるかもしれませんけど。

 

でも明治と聞いたら、ヨーグルトよりもお菓子など他の食べ物をイメージする人もいると思うんです。
そういう点で、乳酸菌と聞くとヤクルトをイメージする人が多いのかもしれませんね。

 

 

 

 

間違えたら意味がない?

ヨーグルトを間違えて購入してしまったとしても

 

乳酸菌が配合されていることには違いありません

 

乳酸菌は体に良いもので、体に悪い副作用はありません。
間違えて購入したとしても、無駄だと思う必要はない
です。

 

乳酸菌によって優れた効果が違うとしても、乳酸菌は基本健康によいものです。
特に乳酸菌の効果は
【乳酸菌の種類と人との相性が効果を実感するのに重要】
だとされています。

 

案外間違って購入したヨーグルトを食べたら、ものすごい効果を実感できた…。
そんなこともあるかもしれません。

 

 

実際この3つのヨーグルトは、どれも似たような値段で販売されています。
安くなるときも3種類同時に安くなることが多いような…。

 

 

PA−3はまだそこまで定番化していないからか、販売しているショップが少ないため。
一緒に安くなることは少ないかもしれません。

 

でもR-1ヨーグルトとLG21プロビオヨーグルトは、一緒にスーパーで特価セールされることが多い気がします。

 

 

 

 

 

トクホではなく機能性ヨーグルトという分類

明治としてはこの容器を定番化させたいから、似たような容器でだしていると思いますが。
間違えて購入してしまった人からしたら不親切なヨーグルトでしかありません。

 

 

そもそもR-1ヨーグルトもLG21ヨーグルトも、乳酸菌名の英数字を並べられても、すぐには覚えれませんよね。

 

そしてどちらも乳酸菌を配合していますけどあくまでもヨーグルトです。
トクホでもないので、パッケージには効能は書けないんです。
そこも間違えやすい理由だと思います。

 

 

これら3つは機能性ヨーグルトだとされています。
機能性ヨーグルトという言葉は明治が作ったのでは?

 

他のメーカーで
「機能性ヨーグルトです」
と言っているところは、あまり見かけないような…。

 

機能性ヨーグルトって言葉は定番化するんでしょうかね。

 

 

トクホのヨーグルトであっても明記できるのは
「おなかの調子を整える」
ぐらいです。
なのでプロビオヨーグルトはあえてトクホにしていないのかもしれません。

 

 

明治を代表するヨーグルトである明治ブルガリアヨーグルトはトクホのヨーグルトです。
明治がその気になれば、ヨーグルトをトクホに認定されることは容易かと。

 

ちなみに明治ブルガリアヨーグルトにはLB81乳酸菌が配合されています。
LB81乳酸菌は便秘改善効果と美肌効果が高い乳酸菌です。

 

 

 

3つの機能性ヨーグルトの中で人気のヨーグルトはどれ?

R-1ヨーグルト。
LG21ヨーグルト。
PA-3ヨーグルト。

 

この3つのうち、一番人気なのはおそらくR-1ヨーグルトだと思います。
その理由が、新タイプの製品が結構でるからです。

 

 

 

低脂肪タイプがでているのに、砂糖0タイプのR-1ヨーグルトがでるとか、ある意味すごいと思います。
そして砂糖0タイプは、甘味料が配合されているので砂糖が使われていないんですけど、ほんのり甘かったのもすごかったです。
なにがしたいんだ?

 

それだけR-1ヨーグルトは人気なんだと思います。
いろいろなタイプを出して、選ぶ幅を持たせたいのだと思います。
製造中止になったR-1ヨーグルトの種類もありそうですけど。

 

 

LG21ヨーグルトも違った新種類が結構でていることもありますけど。
R-1ヨーグルトほどではないです。

 

逆にPA-3ヨーグルトは新タイプをほとんど見かけないです。
スーパーにPA-3ヨーグルトを置いていないところも増えてきたので、イマイチ人気が高くないのかな?
テレビCMは結構見かけるんですけどねぇ。

 

 

なのであくまでも自分のイメージというか、感覚ですけど。
人気のヨーグルトの順番は

  • 1位 R-1ヨーグルト
  • 2位 LG21ヨーグルト
  • 3位 PA-3ヨーグルト

こんな感じです。

 

 

後はなんかよくわかりませんけど。
スーパーでは、LG21ヨーグルトによく賞味期限わずかで半額シールが張られた製品を見かけることが多いです。

 

 

これはおそらく、LG21ヨーグルトを店側は結構仕入れるけど。
売れ残りがでたりするからだと思います。

 

R-1ヨーグルトは売れるから、半額シールが張られにくく。
貼られてもすぐに買われるから見かけないのかと…。

 

 

LG21ヨーグルトは結構人気ですから。
それゆえに店は結構仕入れているんですが、売れないことが多いのかと…。

 

PA-3はLG21ヨーグルトより仕入れ数が少ないので。
そこまで半額シールが張られた製品を見かけないのだと思います。
PA-3ヨーグルトも結構半額シールが貼られていますけどね…。

 

一番はLG21ヨーグルトに半額シールが貼られていることが多い印象です。
R-1ヨーグルトはあまりそういった割引シールを貼られているのは見かけませんけど。
店側も仕入れすぎたのか、他のヨーグルトより安くなっていることを見かけるかな。

 

 

LG21やPA-3ヨーグルトは120円ぐらいなのに。
R-1ヨーグルトは特別価格な感じで100円ほどで売られていることもありますね。

 

特にインフルエンザ流行後あたりは、R-1ヨーグルトを安く販売しているショップが多いような。

R-1ヨーグルトとLG21プロビオヨーグルトを間違えないように注意!機能性ヨーグルトとしてPA-3ヨーグルトも登場!関連ページ

【R-1ヨーグルト】「あさイチ」と「とくダネ!」でインフルエンザ効果が紹介!品切れになるほどのブームを起こした
R-1ヨーグルトは2012年にあさイチととくダネでインフルエンザに良いと紹介されてブームを起こしたヨーグルトです。
【R-1ヨーグルト】インフルエンザ予防に本当に効果がある?効かない?賛否が分かれる
R-1ヨーグルトはブームになった影響もあり、インフルエンザ対策として、効果がないという人も多いです。
【R-1ヨーグルト】ヨーグルトタイプとドリンクタイプがある!種類紹介
R-1ヨーグルトにはヨーグルトタイプとドリンクタイプがあります。種類を紹介します。
LG21と勘違いする人が多い?LG21はピロリ菌に効果あり
インフルエンザに良いとされているヨーグルトとしてR-1ヨーグルトがありますが、同じく明治から販売されているヨーグルトのLG21と勘違いしている人がいます。
【機能性ヨーグルト】1073R-1乳酸菌は明治が選び抜いた乳酸菌
1073R-1乳酸菌は明治が選び抜いた乳酸菌で、明治といえば大手メーカーですから安心感があります。効果がある乳酸菌を配合したヨーグルトを機能性ヨーグルトと言います。
【R-1ヨーグルト】便秘に効果がある?なぜR-1グルトにその効果を求めるのか?
R-1ヨーグルトに便秘対策効果を求めている人がいますが、別のヨーグルトにもっと便秘に効果がある乳酸菌を配合した製品がありますよ。
【R-1ヨーグルト】インフルエンザ予防に効果があるのか?メリットとデメリット
R-1ヨーグルトのインフルエンザ効果について考えます。メリットとデメリットを考えます。
R-1ヨーグルトが人気になったのはテレビの力が大きい
R-1ヨーグルトがインフルエンザ対策として人気になったのはテレビの力が大きいと自分は思っています。
1073R-1乳酸菌はNK細胞を活性化させる
1073R-1乳酸菌はNK細胞を活性化させる効果があります。NK細胞が活性化されるとウイルスに対する抵抗力があがり、免疫力が向上します。
R-1ヨーグルトの山形と佐賀の高齢者に対するインフルエンザの実験結果
R-1ヨーグルトの山形と佐賀でおこなわれた、高齢者へのインフルエンザ効果の実験結果を紹介します。
インフルエンザに感染させたマウスが1073R-1乳酸菌を含んだヨーグルトで生存率が向上
明治の1073R-1乳酸菌の実験として、インフルエンザに感染させたマウスに、1073R-1乳酸菌を配合したヨーグルトを食べさせると、生存率が向上したという結果がでました。
【効果】R-1ヨーグルトを食べた小学校のインフルエンザでの学級閉鎖が0
R-1ヨーグルトがテレビで紹介されたものとして、R-1ヨーグルトを給食でだした小学校ではインフルエンザによって学級閉鎖をしたところがなかったというものがあります。
R−1乳酸菌のインフルエンザ効果を病院の院長と教授が説明
R-1乳酸菌のインフルエンザへの効果を病院の院長と教授が説明した動画あります。それについて紹介します。
R-1ヨーグルト 低脂肪タイプを紹介します
インフルエンザに効果が期待できるR-1ヨーグルトの低脂肪タイプを紹介します。1073R-1乳酸菌配合。
LG21プロビオとR-1ヨーグルトを間違えないように注意
明治から販売されているLG21プロビオヨーグルトとR-1ヨーグルトを間違って購入してしまう人が結構いるようです。インフルエンザに効果があるのはR-1ヨーグルトに配合されている1073R-1ヨーグルトです。
R-1ヨーグルトの口コミや評判を紹介します
インフルエンザに良いとされているR-1ヨーグルトの口コミや評判を紹介します。楽天市場や@コスメでR-1ヨーグルトの口コミがみれます。あの林修先生もR-1ヨーグルトを食べているとのこと。
R-1はインフルエンザ LG21はピロリ菌
R-1はインフルエンザ。LG21はピロリ菌。こうやっておぼえておけば効果を間違えることはありません。
便秘対策にR-1ヨーグルトは効果がある?
インフルエンザに良いとされているヨーグルトの代表的な製品として明治から販売されているR-1ヨーグルトがあります。R-1ヨーグルトを便秘対策として購入している人もいますが、効果があるのでしょうか?
毎日R-1ヨーグルトを食べている人もいる
インフルエンザ対策効果が高いR-1ヨーグルト。そのR-1ヨーグルトを毎日食べている人もいます。
インフルエンザの流行が終わってもスーパーにはR-1ヨーグルトがある
インフルエンザの流行する季節が終わっても、スーパーにはR-1ヨーグルトが置かれています。R-1ヨーグルトは人気のヨーグルトとなりました。