プラズマ乳酸菌とpDC

プラズマ乳酸菌はpDCを活性化させる!pDCは免疫細胞に指示を出す

プラズマ乳酸菌の効果として

 

pDCを活性化させる

 

というものがあります。

 

 

pDCとは免疫細胞に指示を送る役目をしていて
pDCは普段は眠っている状態で、ウイルスが入ってきてやっと起きるので
ウイルスへの対応が一歩おくれてしまいます。

 

そこでプラズマ乳酸菌を摂取してpDCを起こさせておけば
ウイルスが侵入してくると、すぐにpDCが免疫細胞に
ウイルスを駆除するように命令をだせるというわけです。

 

pDCが眠っていると、免疫細胞も眠った状態で
ウイルスの侵入などを許してしまったり、ウイルスが入ってきても
すぐに対策がとれなかったりするわけですが
プラズマ乳酸菌を摂取してpDCを起こしておけば
免疫細胞も常に起きた状態で働いてくれます。

 

そういう点でプラズマ乳酸菌は免疫力を高める乳酸菌だとされているのでしょうね。

 

 

pDCなんていうものは初めて聞いたという人も多いと思います。
自分もプラズマ乳酸菌の効果で、はじめてpDCというものを知りました。

 

実際pDCのしくみを知らなくても、プラズマ乳酸菌を摂取すれば免疫力が向上すると
その効果をわかっていれば、それで十分でしょう。
pDCを調べようとしても、免疫細胞に指示をおくるpDCの情報は少ないので
あまり定番ではないしくみなのかもしれませんね。

 

ちなみにpDCの正式名称は

 

plasmacytoid dendritic cell プラズマサイトイド樹状細胞

 

とのことです。

pDCを活性化させるプラズマ乳酸菌関連ページ

【プラズマ乳酸菌】プラズマ乳酸菌の水!免疫力を高める効果!インフルエンザ予防
インフルエンザに効果があるとされているプラズマ乳酸菌。キリンから販売されている飲料水「プラズマ乳酸菌の水」に配合されています。
プラズマ乳酸菌配合の「守って!力水」を紹介します
インフルエンザに良いとされているプラズマ乳酸菌を配合している「守って!力水」を紹介します。
プラズマ乳酸菌の水を紹介します
インフルエンザに良いとされている乳酸菌にプラズマ乳酸菌があります。プラズマ乳酸菌を配合した「プラズマ乳酸菌の水」を紹介します。
プラズマ乳酸菌とインフルエンザの効果
プラズマ乳酸菌がインフルエンザにかかりにくくする効果があるとされています。
プラズマ乳酸菌を紹介したキリンの研究レポート
プラズマ乳酸菌を紹介したキリンの研究レポートを掲載しているサイトを紹介します。
プラズマ乳酸菌はのどの痛みやせきの症状を軽減させる
プラズマ乳酸菌を摂取した人ははインフルエンザでも起こす、のどの痛みやせきの症状が軽くなったと感じた結果がでています。
プラズマ乳酸菌を摂取することでインフルエンザにかかる確率が減少
インフルエンザに良いとされている乳酸菌にプラズマ乳酸菌があります。プラズマ乳酸菌を摂取すると、インフルエンザにかかる確率が減ったという調査結果があります。