プラズマ乳酸菌はのどの痛みやせきが軽くなる

プラズマ乳酸菌はのどの痛みやせきの症状を軽減させる効果がある

プラズマ乳酸菌の研究結果として

 

「のどの痛み」「せき」などの自覚症状が有意に低減した

 

というものがでています。

 

 

のどの痛みは約半分の痛みに治まったという結果がでています。
せきにいたっては、なんと7割ほど軽くなったという結果がでています。たくさんでていたせきの数が減ったということでしょうかね。

 

のどの痛みやせきといった症状は上気道症状とされています。
プラズマ乳酸菌はこういった上気道症状を軽減する効果があるということです。

 

インフルエンザにかかると、せきやのどの痛みがつらいという人も多いでしょう。
プラズマ乳酸菌はインフルエンザにかかってから、摂取するのも有効な乳酸菌といえそうです。

 

【プラズマ乳酸菌配合のまもるチカラの乳酸菌紹介記事はこちら】
インフルにまもるチカラの乳酸菌に配合されているプラズマ乳酸菌がいい

 

プラズマ乳酸菌はインフルエンザにかかる可能性を減らすだけではなく、風邪によくあるせきやのどの痛みを軽減する効果もあるので、風邪やインフルエンザにかかってしまっても、プラズマ乳酸菌の摂取を続けるのをおすすめします。

プラズマ乳酸菌はのどの痛みやせきの症状を軽減させる関連ページ

【プラズマ乳酸菌】プラズマ乳酸菌の水!免疫力を高める効果!インフルエンザ予防
インフルエンザに効果があるとされているプラズマ乳酸菌。キリンから販売されている飲料水「プラズマ乳酸菌の水」に配合されています。
プラズマ乳酸菌配合の「守って!力水」を紹介します
インフルエンザに良いとされているプラズマ乳酸菌を配合している「守って!力水」を紹介します。
プラズマ乳酸菌の水を紹介します
インフルエンザに良いとされている乳酸菌にプラズマ乳酸菌があります。プラズマ乳酸菌を配合した「プラズマ乳酸菌の水」を紹介します。
プラズマ乳酸菌とインフルエンザの効果
プラズマ乳酸菌がインフルエンザにかかりにくくする効果があるとされています。
pDCを活性化させるプラズマ乳酸菌
プラズマ乳酸菌はpDCという、免疫細胞に指示をおくる役目のものを活性化させる効果があります。
プラズマ乳酸菌を紹介したキリンの研究レポート
プラズマ乳酸菌を紹介したキリンの研究レポートを掲載しているサイトを紹介します。
プラズマ乳酸菌を摂取することでインフルエンザにかかる確率が減少
インフルエンザに良いとされている乳酸菌にプラズマ乳酸菌があります。プラズマ乳酸菌を摂取すると、インフルエンザにかかる確率が減ったという調査結果があります。