ウイルス予防

ウイルス予防はインフルエンザ対策の基本

インフルエンザ対策として、免疫力の向上を狙ったものが多いです。
乳酸菌摂取でのインフルエンザ対策というのも
免疫力の向上を狙ったインフルエンザ対策ですね。

 

 

たしかに免疫力を向上させることで、ウイルスを撃退することができるでしょうから
なにも間違ったことではありません。
ただ免疫力を向上させても、ウイルスが体の中に
大量に入ってきては限界があると思います。

 

マスクをするというのも、ウイルスが口から入ってこないようにするためですね。
手洗いうがいというのも、手洗いは手に付着したウイルスを落とすため
うがいは口の中に入ったウイルスを落とすためにするわけです。

 

手洗いうがいというのは、帰宅後の基本だとされています。
インフルエンザ対策ではなく、子供のころに帰宅したら
手洗いうがいをするように言われますよね。

 

もちろんウイルス対策というのは、これ以外にもいろいろとありますし
手洗いうがいですべてのウイルスを予防できるというわけでもないです。
案外、手洗いうがいは安心感を得るためにするにすぎないのかもしれません。

 

精神的なものが体に与える影響は大きいですから
手洗いうがいをすることにより安心感を得て、体に負担をかけない。
手洗いうがいをしなかったら不安になって、ストレスにより免疫力が落ちる。
こういった精神面での可能性も秘めているから、手洗いうがいをするのかもしれません。

 

ただやっぱりそう考えてもインフルエンザ対策の基本というのは

  • 免疫力の向上
  • ウイルスの予防

この2つで成り立っているわけですよね。

 

【関連記事はこちら】
免疫力をあげるインフルエンザ対策

 

インフルエンザ以外でも、風邪の原因はウイルスだとされています。
風邪をひいてから、ウイルス予防をしても風邪が治るわけではないように
風邪をひく前に、しっかりウイルス予防をしておきたいところです。
そのために手洗いうがいというのは、習慣として身につけたいというか
帰宅後は手洗いうがいが常識になっているのでしょう。

ウイルス予防はインフルエンザ対策の基本関連ページ

手洗いうがいは基本中の基本!インフルエンザ関係なし
手洗いうがいはインフルエンザ対策というよりも基本中の基本です。インフルエンザ関係なしに帰宅したら手洗いうがいをすべきです。