林修の今でしょ講座インフルエンザ

「林修の今でしょ講座」で紹介されていたインフルエンザ対策

2015年2月10日テレビ朝日系の番組

 

「林修の今でしょ講座」で紹介されていたインフルエンザ対策

 

を紹介します。

 

ちょっと時期を外していますね。
インフルエンザも終息に向かっている時期に、インフルエンザ対策についてです。
ただ来年のことを考えると、チェックするのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

1.朝起きたら歯磨きをする

 

これあたりまえのことだと思います。
朝起きたら口の中が雑菌だらけだから、まずはハミガキをするということですね。

 

インフルエンザ関係なしに、常にやっておきたいところです。
口の中の雑菌を体内にいれると考えると、気持ち悪いですよね。

 

特に

 

口呼吸の人はやっておいたほうがいい

 

でしょう。
口呼吸の人ほど、性格もおおざっぱで、ハミガキをめんどくさがるように感じます。

 

またインフルエンザにかかったら、歯ブラシ立ては別にしたほうがいいとのこと。
たしかに・・・と思いますけど、もっとこだわりたいのなら

 

洗面所を別にしたほうがいい

 

のでしょうね。
といっても、家に洗面所なんて1つしかないですから…。
それなら最低限歯磨きの場所は別にしておきましょうということなのでしょう。

 

 

 

2.風邪とインフルエンザの見分け方

 

「具合悪いのなら病院にいって検査しろよ」って思いますけど、こういうのを気になる人は多そうです。
風邪はくしゃみ、鼻水、咳と言った症状であらわれるとされています。
一方のインフルエンザは、風邪の症状+頭痛、関節痛、筋肉痛といった体にも症状がでやすいとのことです

 

うーん、これはちょっと無理があると思います。
風邪をひいたら病院に行ったほうがいいと思いますよ。
「体のほうはこれといってなんともないから、ただの風邪かな」
なんて思って、実際はインフルエンザだったら、後々周りから恨まれるかもしれませんし。

 

ただ風邪をひいて、体の節々も痛んだりするのなら、インフルエンザの可能性が高いと考えられます。
すぐに病院行ったり、他の人と離れて過ごしましょう。

 

 

 

3.日光浴でのインフルエンザ対策

 

日光を浴びると皮下脂肪がビタミンDになり、これがインフルエンザ対策になりうるということ。
別に日光浴しなくても、ビタミンDを配合している製品を食べればいいようにも感じますが…。

 

これってビタミンDがインフルエンザに効果があるって言えばいいと思いますし、そういうことを言っている人は多いです。
乳酸菌でのインフルエンザ対策も、「ヨーグルトを食べましょう」って言っているのと同じようなものですし。
乳酸菌を配合している「漬け物を食べましょう」っていうのも、インフルエンザ対策になりえますよね。

 

だから日光浴にこだわらなくてもいいような…。
日光浴もビタミンDを作り出す1つの方法ということで紹介したのでしょう。

 

 

 

4.キノコを食べるインフルエンザ対策

 

キノコにはビタミンDを配合しているので、キノコを食べようとのことです。
ビタミンDを配合している製品すべてがインフルエンザ対策だといえると思うので、別にきのこにこだわる必要はないように感じるのですが、その医者にとってはキノコがいいビタミンDを配合しているとのことです。

 

 

 

5.インフルエンザの感染経路

 

これがおもしろかったです。
インフルエンザウイルスをどこからもらってくるのかというものです。

  • ATM
  • 自動販売機
  • エレベーターのボタン
  • 電車

つり革が汚いから触らない人とかいますけど、「大げさだなぁ」と思ったりしていましたが、結構そういうレベルでインフルエンザウイルスってくるみたいですね。
もちろんそれ以外からも、電車というのはインフルエンザウイルスをもらってきやすい場所です。

 

ちょっと大げさのように感じますが、テレビ的にはこのぐらいのネタが必要だったようにも感じます。
ぶっちゃけ、こういう細かいことをあげていたら

 

病院に行けない

 

と思うんですけど。
インフルエンザだと思われる人たちが大勢いる病院に行くって、かなりのリスクだと思います。
ただの風邪で病院にいったのに、病院でインフルエンザウイルスをもらって、帰宅後インフルエンザにかかる人もいるかもしれません。

 

ただ、理屈的に考えると、たしかにATMのボタンやタッチパネル。
自販機のボタン。
エレベーターのボタンとか、不特定多数の人が触っているので、つり革並みに気持ち悪いといえば気持ち悪いですよね。
潔癖症とか言っていられないです。

 

今後、ATMを使うときや、自販機のボタンを押すときに憂鬱になりますね。
知らないほうが幸せなことがあるって、まさにこういうことだと思いました。

 

 

 

いろいろ紹介されていて、自分の思ったことも一緒に書いてみました。

 

テレビもインフルエンザ系の話題はネタ切れ

 

を感じます。
他が言っているようなことと同じようなことをいっても、視聴者も「知ってるよ」で終わりますからね。
他の人はほとんどいわないようなことを、強引に取り上げたように感じます。

 

ビタミンDを摂取するのならヨーグルト系製品でいえば

 

ジョア

 

が当てはまりますね。

 

 

ジョアには乳酸菌シロタ株のほかに、カルシウムとビタミンDも配合されています。

 

ジョアは乳酸菌シロタ株のインフルエンザ予防効果だけではなく、ビタミンDによるインフルエンザ予防効果も期待できます。
案外近いうちにインフルエンザ対策として、ヤクルトよりジョアのほうが効果が高いという話がでてくるかもしれません。

2015年2月10日林先生のテレビでのインフルエンザ対策関連ページ

2015年1月インフルエンザのピークに
2015年1月中旬にインフルエンザのピークに入ったとされています。今後はインフルエンザの流行が終息に向かうと考えられています。
2015年1月のインフルエンザ警報&注意報
2015年1月にだされたインフルエンザ警報&注意報を紹介します。
アカモクがインフルエンザ対策になる
テレビでフコイダンを豊富に配合されているアカモクがインフルエンザ予防に効果的とのことです。
インフルエンザに葛根湯(漢方)が効果を期待できる
テレビで漢方の葛根湯が風邪やインフルエンザに有効だと放送されていました。
2014年3月後半でもインフル流行中
2014年3月後半でもインフルエンザが流行しています。
2014年2月にインフルエンザが本格的に流行
2013年冬から2014年にかけて静かなインフルエンザでしたが、2014年2月になり流行し始めました。
ヨーグルトでのインフルエンザ対策を疑うのならしなければいい
ヨーグルトがインフルエンザに効果がないと思うのなら、ヨーグルトを食べなければいいだけの話です。
2014年12月東京でインフルエンザが流行し注意報
2014年12月に東京でインフルエンザが流行中で注意報が発表されました。
2014年12月首都圏でインフルエンザが流行中
ニュースで2014年12月首都圏でインフルエンザが流行しているとされていました。
2014年12月のインフルエンザ警報&注意報
2014年12月にだされたインフルエンザ警報&注意報を紹介します。
インフルエンザに効くヨーグルトを食べるのが大事なのではなく、ヨーグルトを食べようとする意識が大事
インフルエンザに効くヨーグルトを知っても、それを食べ続けるというのは難しいです。ヨーグルトを食べようという意識が大事になってきます。
林修の今でしょ講座でインフルエンザに葛根湯が効果的だと紹介された
林修の今でしょ!講座で葛根湯がインフルエンザに効果が期待できると紹介されました。
インフルエンザの流行も終了?
2015年2月5日現在、インフルエンザの話題が少なくなりました。
インフルエンザ流行後も続けやすい製品
インフルエンザに効果的な乳酸菌を配合しつつ、インフルエンザ流行後にも続けやすいお手軽なヨーグルトや飲むヨーグルトを紹介します。
2015年巨人の原監督がインフルエンザになる
2015年のもう4月ですが、プロ野球の巨人の原監督がインフルエンザになりました。
2015年4月のインフルエンザ流行も関東のほうでは感染者がいる
2015年4月ながら、関東のほうではインフルエンザに感染した人もいます。
ヨーグルトを食べるインフルエンザ対策は風邪予防対策になる
ヨーグルトを食べるインフルエンザ対策は、風邪予防対策にもつながります。
インフルエンザの潜伏期間とは?
インフルエンザの潜伏期間とはどういうものなのか紹介します。
タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果がある
インフルエンザの薬のタミフルはウイルスの増殖を抑える効果がある!