ヤクルト400

ヤクルト400は乳酸菌シロタ株の数が1本に4億個

最近話題になっているヤクルトの種類に

 

ヤクルト400

 

があります。

 

 

ヤクルト400は、1本に乳酸菌シロタ株を4億個配合しています。
乳酸菌の量が多いので、インフルエンザに対する効果も高いと考えている人が多いです。

 

このヤクルト400はスーパーやコンビニでは販売されておらず、ヤクルトレディから限定で購入できるヤクルトです。
ヤクルトレディもこのヤクルト400を売りたいようで、ヤクルト400がインフルエンザに効果があると聞いて購入している人もいます。
調べてみるとヤクルトレディは歩合制なようで、ヤクルト400を売れば自分のところにもそれなりのメリットがあるようですね。

 

そういうところもあいまって、ヤクルト400が人気になり体験談や口コミが増え、注目を集めているのかもしれません。

 

 

普通のヤクルトには乳酸菌シロタ株は2億個配合しているということで、ヤクルト400は約2倍の乳酸菌シロタ株を配合しています。
ただ、乳酸菌の数を倍にすれば、効果も倍になるとは限りません。

 

そもそもヤクルトの容器が小さいのは、その1本に理想な乳酸菌摂取の量を配合しているからというのを聞いたこともあります。
それなのに、ヤクルト400という乳酸菌の量を多くした製品をだすというのは、どこかもやっとしたところを感じますね。

 

 

乳酸菌の数が多いほうが、効果が高いと感じるのなら、ヤクルト400をおすすめします。
これは効果がどうとかではなくて、本人が乳酸菌の数にこだわるのかどうかでしょう。

 

ヤクルト400が特別効果が高いとは、自分は思いません。
乳酸菌の数を多くすれば効果を実感しやすくなるのなら、やや費用はかかりますが、普通のヤクルトを2本飲めばヤクルト400と同じ乳酸菌を摂取できますからね。

 

さらに乳酸菌の数を増やしたいのならヤクルト400を2本飲めば、ヤクルト400を1本飲んだときより2倍の乳酸菌を摂取することができます。
そう考えていると、キリがないです。
ヤクルトもヤクルト400という乳酸菌の量が多い製品の需要があると思って製造しているわけであって、ヤクルト400が特別効果が高いというようなことは言っていませんよね。

 

乳酸菌の数が多いということを、どう考えるのかはその人次第です。
でも多くの人は、乳酸菌の数が少ないよりは、多いほうが効果が高いように感じますよね。

ヤクルト400はヤクルトレディから購入できる関連ページ

【ヤクルト】インフルエンザ効果は口コミや体験談が目立つ
ヤクルトのインフルエンザ効果は、研究結果はあまりみつからないのですが、実際にヤクルトを飲んだ人の口コミや体験談が多く見られます。
乳酸菌シロタ株摂取で風邪やインフルエンザにかかる確率が半分になった
乳酸菌シロタ株を16週間摂取することで風邪やインフルエンザにかかる確率が半分になったという研究結果がでています。
ヤクルトの口コミを紹介します
インフルエンザに良いとされているヤクルトの口コミを紹介します。