LGG乳酸菌でNK細胞が活性化

LGG乳酸菌の摂取でナチュラルキラー細胞が活性化

インフルエンザに有効だとされているLGG乳酸菌。
このLGG乳酸菌を摂取したマウスは

 

肺のNK細胞が活性化

 

していたということがわかっています。

 

 

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞のことで、これが活性化するとウイルスに対する抵抗力が向上します。

 

LGG乳酸菌を摂取しなかったマウスはNK活性が5%〜15%程度なのに対して
LGG乳酸菌を摂取したマウスのNK活性は13%〜20%ほどでした。

 

インフルエンザもウイルスが原因でひきおこす症状です。
LGG乳酸菌を摂取してNK細胞が活性化したというのは、インフルエンザ対策に有効だというのを感じます。

 

【LGG乳酸菌を配合しているタカナシおなかへGG!ヨーグルト紹介記事はこちら】
タカナシおなかへGG!ヨーグルト LGG菌

 

最近乳酸菌でNK細胞を活性化するというのをよく耳にします。
ヤクルトのシロタ株や、キリンや小岩井がみつけたプラズマ乳酸菌でもNK細胞が活性化する効果があるとされています。
NK細胞を活性化することにより、ウイルスに対する抵抗力が向上し、免疫力があがるわけで、それがインフルエンザ対策につながるということなのでしょう。

LGG乳酸菌を摂取すると肺のNK細胞が活性化する関連ページ

タカナシおなかへGG!ヨーグルト LGG菌
インフルエンザに良いとされているヨーグルトにタカナシから販売されている「おなかへGG!ヨーグルト」があります。LGG乳酸菌を配合したヨーグルトです。