森永ビヒダスヨーグルトの量が減る

森永ビヒダスの量が減った!450gから400gに

以前の記事でも書いたのですが、BB536乳酸菌を配合した森永ビヒダスヨーグルトの量が減りました。
最近消費税増やら、原材料の値上げなどが起こっていますからね。

 

以前の森永ビヒダスはこちら。

 

 

よくみえないかもしれませんが、左下のところには450gと書かれています。

 

 

で2015年5月現在の森永ビヒダスはこちらです。

 

 

 

400gとなっています。

 

以前は450gだったのが、現在は400gと50gの量が減りました。

 

 

森永ビヒダスのBB536乳酸菌はインフルエンザに効果がある乳酸菌です。
森永ビヒダスを食べていた人にとっては、50gですが量が減ったのはつらいかもしれません。

 

 

価格が上がるのと、量が減るの、どちらを選ぶのかといったら、まだ値段があがるより、量が減ったほうがいいという人が多いと思います。
そういう点で森永のほうも、値上げよりは量を減らすことを考えたのではないでしょうか。

 

【森永ビヒダス関連記事はこちら】
森永ビヒダス BB536乳酸菌
いろいろな種類がある森永ビヒダス

 

森永ビヒダスヨーグルトが400gになったことにより、他のメーカーの450gのヨーグルトを製造しているメーカーも、400gに量を減らすところがでてくるでしょうね。

 

メーカー側が悪いというよりは、消費税増や原材料値上げの影響でしょうから、しょうがないといえばしょうがないのでしょうが、消費者側としてはきびしくなりそうです。
ヨーグルトというのは断続して続けることで、効果が実感しやすいものですからね。

森永ビヒダスヨーグルトも原材料の値上げで量が減る関連ページ

いろいろな種類がある森永ビヒダス
森永ビヒダスにはいろいろな種類の乳製品があります。今回は森永ビヒダスの種類を紹介します。
高齢者のインフルエンザの発症予防効果があるBB536乳酸菌
BB536乳酸菌は高齢者のインフルエンザの発症予防に効果があると研究結果がでています。
スーパーで安売りされやすい森永ビヒダス
BB536乳酸菌配合の森永ビヒダスはスーパーで安売りすることが多いです。
少量で効果を発揮するBB536乳酸菌
BB536乳酸菌は少量で十分な効果を発揮するとされています。
BB536乳酸菌はちょーぐるとにも配合されている
インフルエンザに良いとされているBB536乳酸菌は乳酸菌サプリメント「ちょーぐると」にも配合されています。
森永ビヒダスの量が450gから400gに減った
インフルエンザに良いとされているヨーグルトにBB536乳酸菌配合の森永ビヒダスがあります。森永ビヒダスは400gに量が減りました。