ガセリ菌SPと肺の免疫機能を調節

ガセリ菌SPは肺の免疫機能を調節してインフルエンザウイルスから守る

ガセリ菌SPはインフルエンザに効果的とされていますが
そのメカニズムは、

 

ガセリ菌SP株が肺の免疫機能を調節する

 

ことによって、インフルエンザウイルスから防御しているということです。

 

 

 

マウスを使った実験で
ガセリ菌SP株を経口投与したマウスでは
投与しなかったマウスに比べてウイルス感染後の生存率が有意に高く
肺組織中のウイルス量と肺組織の炎症を示す指標では
ガセリ菌SP株を投与したマウスは
投与しなかったマウスよりも低い値を示したそうです。

 

これはインフルエンザウイルス感染で起こった肺の過剰な炎症状態が軽減化され
マウスの感染後致死率が低下している可能性があると考えられます。

 

このことからガセリ菌SP株は経口摂取後に
腸管から離れた組織である肺の免疫機能を調節することで
インフルエンザウイルスに対する生体防御機能を高めていることが予想される

とのことです。

 

詳しくはこれらのことが書いてあったニュースサイトのほうをごらんください。
簡単にいえば

 

ガセリ菌SP株が免疫力を高めてインフルエンザウイルスから守る

 

ということなんでしょう。

 

【ガセリ菌SP株のインフルエンザ効果について書かれているサイトはこちら】
雪印メグミルク、ガセリ菌SP株のインフルエンザウイルス感染予防効果を発表

 

普通の乳酸菌でも免疫力を高める効果は期待できるわけで
別段ガセリ菌SP株の効果が特別なものだとは思えないんですが

 

こういった実験をおこなったことに意味がある

 

のでしょう。

 

いくら普通の乳酸菌でもインフルエンザに効果があるといっても
研究された乳酸菌と比べると、研究された乳酸菌のほうが
効果が高そうに思えますし、実際こういう研究結果が発表されていると
安心感もありますから。

 

結局のところ質の高い乳酸菌というのは
実験や研究がされているのかどうかの違いでしかないのかもしれません。

 

でも考えてみてください。
いろいろと研究された乳酸菌と、なにも研究されていない乳酸菌なら
いろいろと研究されて、効果が判明している乳酸菌のほうを摂取したいですよね。

ガセリ菌は肺の免疫機能を調節してインフルエンザウイルスを防御している関連ページ

メグミルク恵にはガセリ菌SPのほかにビフィズス菌SPも配合
恵ヨーグルトにには、ガセリ菌SPのほかに、ビフィズス菌SPも配合されています。
向井理のCMでもおなじみの恵ヨーグルト
恵ヨーグルトは向井理のCMでおなじみのヨーグルトです。「ガセリ菌でヨーグルトは一歩進む」
ガセリ菌SP株が免疫力を強化するテレビCMも公開
ガセリ菌SP株が免疫力を向上させるというテレビCMも公開されています。
ガセリ菌SP株を摂取したマウスはインフルエンザ感染での生存率が向上
雪印メグミルクの実験で、インフルエンザに感染させたマウスにガセリ菌SP株を摂取させたところ、生存率が向上したという結果をだしています。
向井理のガセリ菌SP株紹介CM!免疫力を強くする
ガセリ菌SP株は向井理がでているテレビCMで免疫力を強くする効果があると放送されています。
のむヨーグルトタイプのガセリ菌SP株ヨーグルト
インフルエンザに良いとされているヨーグルトにメグミルクから販売されているのむヨーグルトタイプの「ガセリ菌SP株ヨーグルト」があります。ガセリ菌SP株を配合しています。