プラズマ乳酸菌販売

プラズマ乳酸菌配合製品はインフルエンザ流行のときだけ販売?

プラズマ乳酸菌を配合した製品はインフルエンザが流行しているときには、店屋でよく見かけました。
プラズマ乳酸菌を配合したいろいろな飲料が、山盛りで置いてありましたね。

 

 

でもインフルエンザの流行の終わりとともに、プラズマ乳酸菌を配合した飲料をみなくなったように感じます。

 

 

インフルエンザが流行っているときは売れるでしょうが、その季節が過ぎると売れなくなるので、店屋のほうも目立つところに置かなくなるのでしょうか?
プラズマ乳酸菌は免疫力を高める効果があるので、インフルエンザが流行しているときだけ限定とこだわらなくてもいいと思うんですけどね。

 

インフルエンザ対策としてプラズマ乳酸菌を摂取しようとして、それらの飲料を購入して
「今後も続けよう」
と思った人も、買いづらくなって戸惑う人もいるのではないでしょうか。

 

キリンと小岩井はプラズマ乳酸菌を配合した製品をいろいろと製造したわけで…。

 

 

特に小岩井のプラズマ乳酸菌を配合した飲むヨーグルトやヨーグルトになると、常に販売すべきだと思うんですけどね。
これもみなくなったように感じます。

 

明治のR-1ヨーグルトは1073R-1乳酸菌がインフルエンザに有効だとされているヨーグルトですが、インフルエンザ流行の季節が過ぎても常にR-1ヨーグルトはスーパーに置いてあります。
プラズマ乳酸菌を配合した製品はもうちょっと定番にならないときびしいといったところでしょうか。

 

ヨーグルトは明治の力が強いでしょうからね。
キリンはヨーグルトではなく飲料メーカーでしょうし、小岩井はどうしてもヨーグルトの販売となると明治・森永・メグミルクの3社と比べると、やや劣るところを感じるのでそういうところもあるのかもしれません。

 

【プラズマ乳酸菌関連記事はこちら】
いろいろあるプラズマ乳酸菌配合製品を紹介します

 

インフルエンザのときだけ売れる製品でも、爆発的に売れるのなら、メーカーとしては利益がでるでしょうからね。
キリンと小岩井の狙いはインフルエンザ流行の時期に爆発的に売れる製品なのかもしれません。

 

インフルエンザが流行しているときは、プラズマ乳酸菌を配合した製品が、ものすごい数あったんですけどねぇ…。
どこいったんだろ?

プラズマ乳酸菌配合製品はインフルエンザのときだけ販売される?関連ページ

断続して乳酸菌を摂取しないと効果がない?
乳酸菌は断続して摂取するのが重要とされていますが、断続して摂取しないと効果はでないものなんでしょうか。
乳酸菌で免疫力をあげるというのはインフルエンザ以外にもメリットがある
ヨーグルトを食べてもインフルエンザにかかってしまうこともあるでしょう。でも乳酸菌を摂取して免疫力を向上させようとした意識は今後につながるでしょう。
2014年1月に急にインフルエンザが流行
インフルエンザが2014年1月から急に流行しだしたとのことです。
プラズマ乳酸菌のインフルエンザ効果
最近話題になっているのがプラズマ乳酸菌のインフルエンザ効果です。
乳酸菌の摂取は簡単でも、続けるのは難しいこと
乳酸菌は摂取するのは簡単なのですが、続けるとなると難しいことです。
プラズマ乳酸菌配合製品まとめ
インフルエンザ予防に効果があるプラズマ乳酸菌を配合した製品をまとめてみました。
ヨーグルトでインフルエンザ対策をするのならなんでもいいからヨーグルトを食べることを意識するべし
インフルエンザに効果が高い乳酸菌を配合したヨーグルトを食べることより、なんでもいいからヨーグルトを断続することを意識するのが大事です。
ヨーグルトはインフルエンザ予防効果以外にも魅力がたくさんある
ヨーグルトはインフルエンザ予防効果以外にも、魅力的な効果が沢山あります。
乳酸菌は腸の善玉菌を増やす
乳酸菌は腸の善玉菌を増やし、免疫力を高めるなどいろいろとよい効果を発揮します。