乳酸菌と善玉菌

乳酸菌は腸の善玉菌を増やし、よい効果を発揮する

人間の腸内にはたくさんの腸内細菌がいます。

 

良い菌もいれば、悪い菌もいて、乳酸菌を摂取することでよい菌を増やして、いろいろとよい効果を期待できます。

 

 

人間腸が健康になれば、すべてがよくなるという人もいます。
大げさのように感じるかもしれませんが、腸が健康になってのデメリットなんてほとんどないので、乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすのは魅力的です。

 

人間、若いうちは善玉菌が多く、年齢を重ねるにつれ、腸の中の善玉菌が減ってしまうとされています。
なら年齢を重ねたら、乳酸菌の摂取をがんばればいいと思う人もいるかもしれません。
たしかにその通りだと思いますが、どんなにがんばって乳酸菌を摂取しても、元からの乳酸菌の量には勝てない気がします。

 

どんなに高齢者が乳酸菌を摂取しても、子供の腸内環境よりいい状態を作り出すことは難しいでしょう。

 

 

乳酸菌摂取は、たしかに善玉菌の量を増やすでしょうが、それがすべてというわけではありません。
ストレスでも悪玉菌が増えたりするとされていますし、適度な運動も善玉菌を作る上では重要だとされています。

 

結局のところ

 

善玉菌を増やす=健康にいい生活を送る

 

ということなんですよね。
逆にいえば、健康にいい生活を送るというのは、腸内環境をよくする生活を送っているといえるのでしょう。

 

 

健康=腸の状態
と考えてもいいと自分は思っています。
健康にいいことというのは、腸にいいことといえると思いますね。

 

逆にいえば、健康に悪いことは、腸に悪いことが多いです。
体は腸でなりたっているのかもしれません。

 

睡眠は脳を休めるようなイメージがありますが、実際は腸を休めているのかもしれません。
少なくとも、睡眠不足になるとストレスがたまり、腸内環境も悪くなるように自分は感じています。

 

 

腸の善玉菌を増やす方法を、乳酸菌摂取ぐらいだと考えている人は、食べ物を食べることで腸内環境が整う以外にも、私生活を健康的に過ごすことで、腸内環境がよくなるということを覚えて置いてください。

 

腸というのは繊細だと思います。
どんなに本人が「まだ大丈夫、まだ大丈夫」と思っていても、腸は悲鳴をあげているかもしれません。

乳酸菌は腸の善玉菌を増やす関連ページ

断続して乳酸菌を摂取しないと効果がない?
乳酸菌は断続して摂取するのが重要とされていますが、断続して摂取しないと効果はでないものなんでしょうか。
乳酸菌で免疫力をあげるというのはインフルエンザ以外にもメリットがある
ヨーグルトを食べてもインフルエンザにかかってしまうこともあるでしょう。でも乳酸菌を摂取して免疫力を向上させようとした意識は今後につながるでしょう。
2014年1月に急にインフルエンザが流行
インフルエンザが2014年1月から急に流行しだしたとのことです。
プラズマ乳酸菌のインフルエンザ効果
最近話題になっているのがプラズマ乳酸菌のインフルエンザ効果です。
乳酸菌の摂取は簡単でも、続けるのは難しいこと
乳酸菌は摂取するのは簡単なのですが、続けるとなると難しいことです。
プラズマ乳酸菌配合製品まとめ
インフルエンザ予防に効果があるプラズマ乳酸菌を配合した製品をまとめてみました。
ヨーグルトでインフルエンザ対策をするのならなんでもいいからヨーグルトを食べることを意識するべし
インフルエンザに効果が高い乳酸菌を配合したヨーグルトを食べることより、なんでもいいからヨーグルトを断続することを意識するのが大事です。
ヨーグルトはインフルエンザ予防効果以外にも魅力がたくさんある
ヨーグルトはインフルエンザ予防効果以外にも、魅力的な効果が沢山あります。
プラズマ乳酸菌配合製品はインフルエンザのときだけ販売される?
プラズマ乳酸菌を配合した製品はインフルエンザが流行している季節にはよくみかけましたが、その季節をすぎるとみなくなりました。