乳酸菌を断続して摂取する意味

乳酸菌は断続して摂取しないと意味がない?

よく乳酸菌の効果を実感するためには

 

断続して乳酸菌を摂取する必要がある

 

と言われています。

 

 

乳酸菌は腸の中で善玉菌を増やし、腸内環境をよくする効果が期待できますが
腸内には悪玉菌もいるので、少しずつ善玉菌の数を
悪玉菌より多くするためなんでしょう。

 

短期間だけ乳酸菌を摂取しても、腸内では
悪玉菌の数のほうが多かったら、結局腸内環境はあまりよくならないでしょう。

 

でも、乳酸菌を短期間摂取するだけでも
善玉菌の数が増えるのは間違いないです。
だから、短期間でも乳酸菌を摂取するのは無駄ではないといえるでしょう。

 

 

効果がでないと「乳酸菌を摂取したけど無駄だった」と思う人もいるかもしれませんが
腸内環境は気づかないところで、少しずつよくなっているかもしれません。
だから、乳酸菌を短期間でも摂取して無駄ということはないと思いますし
実際に乳酸菌を摂取した人の体験談をみると

 

短期間で乳酸菌の効果を実感した人もいる

 

相性がよい人にとっては、すぐに効果を実感できるのかもしれません。
精神的にも「健康にいいことをしている」という意識から
ポジティブ思考になることができると思います。

断続して乳酸菌を摂取しないと効果がない?関連ページ

乳酸菌で免疫力をあげるというのはインフルエンザ以外にもメリットがある
ヨーグルトを食べてもインフルエンザにかかってしまうこともあるでしょう。でも乳酸菌を摂取して免疫力を向上させようとした意識は今後につながるでしょう。
2014年1月に急にインフルエンザが流行
インフルエンザが2014年1月から急に流行しだしたとのことです。
プラズマ乳酸菌のインフルエンザ効果
最近話題になっているのがプラズマ乳酸菌のインフルエンザ効果です。
乳酸菌の摂取は簡単でも、続けるのは難しいこと
乳酸菌は摂取するのは簡単なのですが、続けるとなると難しいことです。
プラズマ乳酸菌配合製品まとめ
インフルエンザ予防に効果があるプラズマ乳酸菌を配合した製品をまとめてみました。
ヨーグルトでインフルエンザ対策をするのならなんでもいいからヨーグルトを食べることを意識するべし
インフルエンザに効果が高い乳酸菌を配合したヨーグルトを食べることより、なんでもいいからヨーグルトを断続することを意識するのが大事です。
ヨーグルトはインフルエンザ予防効果以外にも魅力がたくさんある
ヨーグルトはインフルエンザ予防効果以外にも、魅力的な効果が沢山あります。
プラズマ乳酸菌配合製品はインフルエンザのときだけ販売される?
プラズマ乳酸菌を配合した製品はインフルエンザが流行している季節にはよくみかけましたが、その季節をすぎるとみなくなりました。
乳酸菌は腸の善玉菌を増やす
乳酸菌は腸の善玉菌を増やし、免疫力を高めるなどいろいろとよい効果を発揮します。