インフルエンザと手洗いうがい

インフルエンザ対策に手洗いうがいは基本中の基本

インフルエンザ対策の1つとして

 

手洗いうがい

 

があります。

 

でも手洗いうがいなんていうものは
インフルエンザ関係なく帰宅後はするのがあたりまえ
です。
むしろインフルエンザ対策として、流行しているときだけやっているようでは、インフルエンザ以外の病気でダウンしてしまう可能性大です。

 

  • 食べ物を食べた後は、歯をみがく
  • 夜になったら夜更かしせずに寝る
  • 好き嫌いせず食べる

こういうのと同じぐらい、手洗いうがいは子供のころに習うあたりまえのことです。

 

 

 

 

手洗いうがいした上でヨーグルトも食べる

 

ヨーグルトでのインフルエンザ対策が効果があるのかどうか?
ヤフー知恵袋で質問している人に、回答で
「ヨーグルトを食べるより、手洗いうがいをしたほうが効果があります」
と言っている人がいます。

 

でも手洗いうがいをしているのは当然のことです。
手洗いうがいを当然の如くしているのを前提に、ヨーグルトがインフルエンザに効果があるのかきいているのかと思います。
ヨーグルトを食べれば、もう手洗いうがいをしなくなるわけではないです。

 

 

インフルエンザ対策というのは、インフルエンザによいことを増やすものです。
1個ひとつだけしかインフルエンザ対策をしないわけではないです。

 

むしろインフルエンザ対策として、1つのことしかしないのは愚です。
インフルエンザ対策って健康に良いことが多いので、どんどん増やせばいいんです。

 

なぜか
「○○は効果がない」
とか
「○○が一番効果がある」
とか、インフルエンザ対策を1つだけにしようとしている人がいますけど。

 

インフルエンザ対策を1つに限定する理由なんてどこにもありません。
インフルエンザ対策を増やすように心がけるのが吉です。

 

 

 

 

 

子供の頃に教わることは大事なこと

子供によく注意していることを、大人がなぜかおろそかにしています。
大人は子供の見本となるように、規則正しい生活を送るべきです。

 

子供のことに教わることといえば

  • 早寝早起き
  • バランスの良い食事
  • 手洗いうがい
  • 挨拶

全部大事なことですよね。
でも、大人になると途端にできなくなる人もいます。

 

「子供だからしないといけない」
というわけではなく、これらのことは大事なことだからこそ人生の序盤に教わることなんです。

 

まぁ人間健康であったり、人付きあいがうまければ人生どうにかなりますからね。

 

 

手洗いうがいがなぜインフルエンザ対策になるのかというと、手や口の中に入ったウイルスを体内にいれないようにするためですね。

 

ただ外にだけインフルエンザウイルスがあると油断していると
身内が外から家に持ってきたウイルスに感染する可能性もあるわけです。
家にいるときも、ちょくちょく手を洗ったりうがいをしたほうがいいと思います。

 

特にいろいろよく物に触っている人や、口呼吸をよくする人は注意です。
睡眠時はついつい口呼吸になってしまう人もいると思うので朝起きたときは、まずうがいをするのをおすすめします。

 

口呼吸をしていると、どうしてもウイルスや埃を吸い込んでしまいます。
ウイルスが体内に入りやすく体調を崩しがちになってしまいます。

 

口呼吸の癖がついてしまっている人は、いまからでも遅くないですから、鼻呼吸をする癖をつけたほうがいいと思いますね。
「学校で鼻呼吸をする訓練をすることで、風邪をひかなくなった」
そんなテレビ番組もやっていました。

 

たしか
【あいうべ体操】
だっけかな。
それが鼻呼吸をするのに有効らしいです。
テレビでやっていました。

手洗いうがい関係 インフルエンザ対策の基本中の基本記事一覧

手洗いうがいは基本中の基本!インフルエンザ関係なし

手洗いうがいによって、手や口の中に入ったウイルスを落とすわけですがそんなのはインフルエンザ関係なしに帰宅したら常にやることです。幼稚園児でも知っていることだと思います。大人になったら、手洗いうがいをしなくてもいいなんてこともありません。ちなみに口呼吸をしている人は特に注意です。人間鼻呼吸が基本です。...

≫続きを読む

 

ウイルス予防はインフルエンザ対策の基本

インフルエンザ対策として、免疫力の向上を狙ったものが多いです。乳酸菌摂取でのインフルエンザ対策というのも免疫力の向上を狙ったインフルエンザ対策ですね。たしかに免疫力を向上させることで、ウイルスを撃退することができるでしょうからなにも間違ったことではありません。ただ免疫力を向上させても、ウイルスが体の...

≫続きを読む