免疫力とインフルエンザウイルス

ヨーグルトの乳酸菌は免疫力を高める!

ヨーグルトに配合されている乳酸菌は

 

免疫力を高める効果

 

があるとされています。

 

 

厳密にいえば、腸内環境を整えると免疫力が高まります。
テレビで言っていたのですが、免疫細胞の6割は腸で生み出されるとのことです。

 

 

なので腸の状態が悪い人は免疫細胞の数が少なく
体の中に入ってきたウイルスに対しての対抗手段が少ない
ことになります。

 

逆に腸の状態が良い人は、免疫細胞の数が多く、体の中に入った悪いウイルスを退治できます。

 

 

ヨーグルトがインフルエンザ対策に有効な理由はまさにここにあります。
ヨーグルトに配合されている乳酸菌が腸内環境を整え、健康になった腸が免疫力を高めて(整えて)くれるわけです。

 

簡単にいえば、ヨーグルトや乳酸菌がインフルエンザウイルスと戦っているわけではないんです。
ヨーグルトや乳酸菌で健康になった人間の体(腸)自身が、免疫細胞を生み出しインフルエンザウイルスと戦うわけです。

 

 

ヨーグルトはなんとなく健康に良いと聞いたことがある人は多いと思います。
その理由はヨーグルトの乳酸菌にあったわけですね。

 

 

 

 

乳酸菌がインフルエンザと戦うわけではない!免疫細胞がやつける!

1073R-1乳酸菌はインフルエンザ予防効果があるという研究結果がでています。

 

 

「研究結果で発表されているから効果がある」
で納得し、そこで完結する人が多いです。
その結果ヨーグルトや乳酸菌を薬のようなものと勘違いしている人もいると思います。

 

1073R-1乳酸菌はあくまでも数ある乳酸菌の中の1つです。
薬と比べれば効果は弱いでしょうし、人との相性にもよりますが即効性はあまり期待できないでしょう。

 

 

乳酸菌を摂取し、自分の体を健康にする。
その結果、インフルエンザウイルスに負けない体ができあがる。

それがヨーグルトや乳酸菌摂取でのインフルエンザ対策の基本です。

 

 

ヨーグルトで腸内環境を整えるというのは、特別なことではないんだ。
眠ると疲れがとれるのと、似たようなものだと考えていいと思うよ。

 

健康のためにいいことをしているわけだね。


 

あくまでもインフルエンザ対策をするのは、自分の体自身です。

 

乳酸菌がウイルスと戦っているわけではないんです。
乳酸菌はあくまでも自分の体の免疫力を高めるサポート役です。

 

 

乳酸菌は野球でいうところのリリーフ投手。
サッカーでいうところのボランチ。
バレーでいうところのリベロ。
ベストキッドでいうところのミヤギ。
そんな感じです。

 

余計わけがわからなくなった人はごめんなさい。

 

 

乳酸菌はあくまで人間の体を向上するサポート役。
ほんとうに大事なことは、人間(自分)の体の健康状態をよくすることにあります。

 

インフルエンザウイルスが体内に入っても、どうにかできる体を作り上げるのが乳酸菌でのインフルエンザ対策です。
いくら乳酸菌を摂取していても、私生活がぐだぐだならインフルエンザにかかる可能性は高いということですね。

 

 

ヨーグルトを食べることは簡単です。
でもその対策は、自分自身の腸を鍛える対策ということで、本人の健康意識が重要になります。

 

塾に行っていても、家庭学習をまったくしないのなら限界があるように。
乳酸菌でインフルエンザ対策をするというのは、本人のやる気が重要になります。

 

 

 

 

 

乳酸菌の質にこだわる必要はあるか?乳酸菌の摂取が重要

免疫力を向上させる効果が高い乳酸菌や、インフルエンザ対策になると発表された乳酸菌は確かに存在します。

 

具体的にいうとインフルエンザ対策としてR-1乳酸菌やプラズマ乳酸菌は免疫力を高める効果が高いとされていて
「乳酸菌の種類にこだわるのが重要!」
なんていう人もいます。

 

 

でも、特別な乳酸菌にこだわる必要はないと自分は思っています。

 

なぜなら

 

乳酸菌というものは基本健康に良いもの

 

だからです。

 

 

大事なのは特別な乳酸菌を摂取することではなく、自分自身の体を健康させることにあるんだ。

 

もちろん、特別な乳酸菌を摂取したほうが、より自分の体の調子がいいというのなら、その乳酸菌を摂取するのが理想だろうけどね。


 

人間腸内環境が整えば、少なからず免疫力は向上します。
どんな乳酸菌でもおなかの調子を整えるぐらいの効果は期待できるはずです。

 

 

質の高い乳酸菌にこだわることで、普通の乳酸菌を軽視する人もでてきます。
その結果ヨーグルトを購入しようか迷ったときに
「普通のヨーグルトだし今回は買わなくていいや」
とヨーグルトの購入をやめ、乳酸菌摂取のチャンスを逃すこともあるかもしれません。

 

乳酸菌というものは断続して摂取することで腸内環境をよくすることができるのです。

 

 

「乳酸菌は摂取しないよりも、摂取したほうがマシ。」
「乳酸菌を摂取してのデメリットはなにもない!」
自分はそう考えています。

 

 

どんなに良いバットやグローブを持っていても練習しないと野球はうまくならないです。
どんなに良いギターを買っても、練習しないとうまくならないです。

 

乳酸菌もどんなに質にこだわったとしても、断続しないと腸は健康にならないものなんです。
一部例外な人もいますけど…。

 

 

 

 

 

日本人は乳酸菌を摂取しているから寿命が長い

昔から日本は乳酸菌と関連深い生活をおくっており
ヨーグルト以外にも、漬け物や味噌や醤油にも乳酸菌は配合されています。

 

 

日本人が長寿な理由は乳酸菌と関連深い生活を送っているからと考える人もいます。
ヨーグルトが有名なブルガリアも、長寿者が多いとされています。

 

ただ、そんな日本でも最近は、食生活が欧米化してきているといわれています。
栄養が豊富な食べ物が増えた一方で、腸に負担のかかる食べ物が増え腸内環境が乱れている人が増えています。
体の大きな人は増えていますが、病気に弱い体になっていると考えられます。

 

 

どんなに乳酸菌を摂取して善玉菌を増やそうとしても、悪玉菌が増えやすい食事や生活をしていると腸内環境はよくならないよ。

 

プラス要素より、マイナス要素が多い人は注意しよう。


 

最近はテレビの健康番組でも、腸内環境を整えることが注目されています。
そして腸内環境を整える方法って、乳酸菌以外にもいろいろあります。

 

でも乳酸菌を配合した代表的な食べ物ヨーグルト。
ヨーグルトはスーパーやコンビニで普通に買えます。
手に入りやすい腸内環境を整える食べ物なゆえに
「乳酸菌(ヨーグルト)で腸内環境を整えよう!」
となるわけです。

 

 

インフルエンザの季節にだけ乳酸菌を摂取するの?

インフルエンザの季節が近くなるとインフルエンザ対策として、効果が高い乳酸菌を摂取したい気持ちはわかります。
もちろん、インフルエンザに良いとされる乳酸菌を摂取してもなにも問題はありません。

 

 

ただ、インフルエンザに良いとされる乳酸菌は、特別な乳酸菌ではなく
あくまでも乳酸菌の1つであり
普通の乳酸菌でも健康に良いものだというのを理解して
普段から乳酸菌を摂取する機会を増やしてみてほしいです。

  • 乳酸菌は健康にいい
  • 乳酸菌を摂取して免疫力をあげる
  • 免疫力をあげることでインフルエンザウイルスに負けない体をつくる

こういった意識こそがインフルエンザ対策として重要だと自分は思っています。

 

 

普段から健康に気をつけて免疫力が高い人は、急に特別なインフルエンザ対策をしなくても大丈夫なはずよ。

 

理想は、インフルエンザの季節にあわせて対策をするのではなく、普段から健康に気を使い生活することね。


 

「R-1ヨーグルトがインフルエンザ対策に効果があるのか?ないのか?」
ではなくて、乳酸菌は健康に良いものなんです。
それゆえに、インフルエンザ対策になりうる可能性は秘めていてあたりまえです。

 

普段から乳酸菌を摂取するように心がけてみてください。
ヨーグルトにこだわらなくても、発酵食品を食べるのもいいのではないでしょうか。
腸を健康にする生活を送れば、それはインフルエンザ対策になりえます。

 

逆にいえば

 

不規則な生活をしていたら、インフルエンザにかかりやすくなる

 

といえます。
免疫力が落ちるでしょうから。

 

どんなに栄養ドリンクを飲んでいても、不眠不休でがんばれるほど人間甘くないです。
今の世の中は免疫力を高めるのは大変ですが、免疫力を低下させるのは簡単だったりします。

 

むしろ腸内は腸を健康にするものより、腸を悪化させる食べ物の影響のほうがでかいと思います。
なのでヨーグルトを食べていても、油っぽい食べ物など食べていれば腸内は悪化すると自分は思っています。

 

 

なぜか大人になると、あたりまえのことを見失い
極端になってしまうので、注意してください。

 

病院に通っているから健康なのではなく、健康な人は病院には通いません。
薬を飲んでいるから健康なのではなく、健康な人は薬は飲みません。
普段から健康に気を使いましょうということですね。